自作パーツは使い勝手がいい

自作PC作ろうかな。それ自作PCして安く上げるメリットが無くなる。 旗艦が自作PCだった時代から使っているキーボードなので使いやすい。というのと、Bluetoothにすることでキーボードの位置がフリーアドレスになるのがメリットだね。外付けの方がいい。ミドルレンジクラスの自作pcを100kくらいで売るとかおいしいな。3万以下でそこそこの自作PCって作れる。ノーパソか俺説明書ガン見しながらじゃないと自作PC作れないような情弱だからな。ただ今のノートパソコンはハイスペックなのもいっぱいあるらしいから、5万くらいあれば容量的にはなんとかなるかも。ただ、処理を早くしたいなら10万とか…。お金は無いがどうしても欲しい物はこれといってない。取り敢えず欲しいと思ってるものを挙げるとしたらバイク、Windowsの自作PC、シンフォギアのフィギュア、MacBook、そういやオルタ姉さんのフィギュアも欲しかった。結構あるねなんだかんだ言って。

自作PC最高だよね。技術的に可能でも、採算あわないんだと思う。WD740ラプターとか、出た時点でリードおそくて(初期型)、使ってたから言うけど、トータル性能で圧倒的な時期は一度もなかった。自作的にパーツの細分化は歓迎だから、どんどんやってくれて良いんだけどね。自作タイプだからパーツ買い換えたいときに規格調べて合ってるの買えば簡単に付け替えられていい。自作というかこう、ある程度のスペックのPCのパーツを別のに組み替えて注文するという。自作PCの醍醐味はパーツ選びで組むまでだよな。使うのは別になんとも。ただ、ベンチでスコア上がったり、ゲームがヌルサク動くの見ると色々実感して興奮するわ。使ってても楽しくなるしな。