自作PCでは内部の配置構成も考えると有利

自作PCはパソコンを組み立てる知識を持った人に向いている選択で、パーツを個別に購入する事で通常より安くパソコンを入手できる利点が生じます。
メーカー製パソコンでは余分なソフトウェアが含まれている分だけ価格が高額になったり、BTOなどを利用する場合においても組み立て作業による人件費が含まれてくる為、基本的には最も安価でパソコンを組める手段となっています。
自作PCは性能面だけでなく、パーツ自体の品質やエアフローといった内部事情を考えて構成する事が大切で、目的や使用環境に適したパソコンを組むのに不可欠な要素となります。
例えば選択するケースによっては電源ユニットの配置位置が上下で異なっていたり、複数のファンを搭載できるように通気口が多く用意されている製品もあります。
また、ゲーム目的で自作PCを組む場合はマザーボードも特定のものを選ばないと、グラフィックボードの2枚差しやオーバークロックに対応しておらず、これらが不可能となる可能性も考えられます。
エアフローは効率良く空気を循環させて内部パーツの冷却を目指す考え方で、空気の通り道を妨害しないようにファンや各種パーツ位置を考えつつ構成すると、熱問題の起こりにくいパソコンを組み上げる事が可能となります。