余ったパーツを無駄にしない自作PCのメリット

自作PCというのは、利用者などが自分でパーツを買いそろえて組み立てるPCのことです。一般的にパソコンというのは家電メーカーなどによって販売されていて、そういったものは電源ボタンを押せばすぐにでも使えるような状態になっており、そちらの方が面倒もなく使いやすいと言えますが、自作PCの場合、製作者が自分の都合でパーツを選べるというメリットがあります。
たとえば、ハードディスクやビデオカードといったパーツは、メーカー製のパソコンでも着脱が可能になっていることが多いため、新しいパソコンを購入するという時には余ることになります。余ったパーツはオークションに出品したり、中古ショップに売ったり、あるいは捨てたりということになりますが、そのパーツを使って自作PCを作れば、新しいパソコンを買うためのコストは下げることが出来ます。なので、出来るだけパソコン購入費用を節約したいという場合、古いパソコンのパーツを余らせてしまうメーカー製のパソコンよりも、古い部品を流用出来る自作PCの方がいいのです。
また、ハードディスクやビデオカードなどにこだわりがある場合、メーカー製のパソコンだと自分の理想の組み合わせを見つけられるかどうかはわかりませんが、自作であれば簡単に組み合わせることが出来ます。